スピリチュアルヒーリング☆いるか道

元ハワイ在住のスピリチュアルヒーラーKeikoの日記

事実は小説よりも奇なり(4)驚きの研修旅行

前回の続き。


もちろん、前職場では、素敵なこともたーーーーーーくさんありましたよ。










例えば、なぜか、熱海の秘宝館(大人の、大人による、大人の為の博物館)に連れて行ってもらい、数々の『大人のおもちゃ』や、『男女の一物』や、裸体のオブジェを見学をしたり。







『事務所の研修旅行』でね!(謎)





秘宝館をご存知ない方は、画像検索してみてください。笑えますから(笑)



法○事務所の研修旅行で、秘宝館ですよ!!!奥さま!


法○実務の研修をして、終わったら、秘宝館!研修のスケジューリングがおかしすぎます。




その研修旅行には、当時たまに経理のアルバイトをやってくださっていた方も一緒に行きました。
その方の本業はお水のママで、その方から、色々なことを教わりました。



「あんたねー男を落とすには頭を使わなきゃダメよ。計算と台本が必要なのよ。」と、仕事中に男を落とすテクなるものをご教示してくれたこともありました。



「お客さんが帰るときに、ネクタイを直してあげるわけ。その時、絶対お客さんの顔は見ちゃダメね。顔は俯むいたままだからね。


ネクタイが整っていても直してあげるふりをして、ちょっと埃とかも払ってあげて、最後に、顔を上げて、上目づかいで目をじっと見つめて、ニコっと微笑むのよ。そしたら、いちころよ。



これで男が落ちるものなのか・・・と、うら若き私は思ったものでした。



その他のテクは、台本と第三者の手助けと演技力を必要とする高等テクだったので、まず素人には無理なものでした(笑)





また、人手不足のときに、見た目も雰囲気も華麗なお水っぽい、その彼女に検○庁にお使いに行ってもらったら、関係書類を持っているにもかかわらず、


そこの窓口の方に、うちの事務所の人間だと信じてもらえず、中に入ることも許されず、しばらく押し問答が続き、



結果、頭に来ちゃったママは、



THE国家権力である、某庁の窓口の椅子を蹴っ飛ばして帰ってくるという武勇伝を誇らしげに披露してくれたこともありました。



なんとも大胆!



業界では、あそこの事務員って、派手で猛々しいんだぜ!ときっと有名になっていたことでしょう。


その他、数々の興味深い武勇伝を繰り広げてくれた彼女でしたが、上司に対し、知能犯的な犯罪をしてしまい、ある日、突然行方知れずになってしまいました。


現在、割引キャンペーン中です。詳しくは、当ホームページのトップページをご確認ください。


↑クリックしていただくと、ブログランキングが上がります。応援してくださる方は、1日1回どちらともクリックをお願いします( ̄▽ ̄)ノ

 

事実は小説よりも奇なり(3)超ライトな前菜レベルの怖い話

昨日は、私の最愛の親友、Kちゃんの命日でした。


Kちゃんは、このブログでも何回か登場していて、【天国からの手紙】にも書いてますね。


普段は、ここであまり自分の話はしませんが、今日は、Kちゃんとどうやって出会ったかお話ししたいと思います。


私の人生は、なぜか、いつも通常では起こり得ないようなことがよく起こります(笑)本当に面白いくらい。


日々、非日常的なことが日常的に起こっているのですが、いつも皆さんに話しそびれてしまいますね。



さて、私がまだ法○事務所でバリバリに働いていた頃、ある日、(堅気と893の間くらいの)債権者がお怒りになっていました。


耳がうるさいので、受話器を遠くに離して聞いて、話す時だけ受話器を口元に近づけていましたが、


「(#゚Д゚)おいゴルァ!!今から事務所に行くぞゴルァ!雁首揃えて待ってろよ!この野郎!!(#゚Д゚)」


と巻き舌で怒鳴り、債権者は電話を切りました。



この事を上司とボスに報告すると、そそくさと、私と別の後輩のおばさんを置いて、逃げて外出してしまいました(笑)



「僕たちは、○○に行くからね、あとは、頼んだよ」と(笑)



おい、じじい・・・(笑)



事務所には、女性2人だけです・・・。


とりあえず、ボスに警察に連絡することを事前に伝えてから、110番に電話をしました。


直接警察署に電話するより110番に電話した方が記録に残るからです。


証拠は大切です。


冷静に警察に事情を話し、出動をお願いして、事務所のありとあらゆる全ての鍵を淡々と閉めてしばらくしたら、本当に



ガチャガチャガチャ!とドアを開けようとする激しい音が・・・



マジDEキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!・・・(笑)と思いました。



それにしても、音が激しすぎます。すると、玄関ドアを拳で激しく



ドンドンドン!!!ドンドンドン!!!と叩く音・・・

ドンドンドン!!ガチャガチャガチャ!!ドンドンドン!!ガチャガチャガチャ!!




ドアが壊れそうなくらいです。


しかし、無言です。



玄関ドアのスリガラスごしに映る男性の影。。。



キャ――――――(゚∀゚)―――――――!!




逆に何も言わずに、ガチャガチャドンドンされる方が怖いですね。



脅したりすると、捕まっちゃうからでしょうね。



後輩のおばさんは、恐怖のあまり、顔がひきつって固まっています。



私は、静かに胸が高鳴っていました。だって、こんなシチュエーション、そうそうないですもの。←変態



しばらくして静かになり、諦めたのか、いなくなったなーと思ったら、


『ピンポーン!!ピンポーン!!ピンポーン!!』



今度は、階下に降りて、ドアフォンを押しているようです。



私はドアフォンのモニターを確認すると同時に『ポチッ』と録画ボタンを押しました、冷静に俊敏に(笑)



証拠は大切です。




しかし、申し訳ないですが、お会いしたい気分ではありませんので、居留守を使っていると、諦めたのか画面から消えてしまいました。



すると、遠くの向こうの方で、ガチャガチャガチャ!!とドアを開けようとしている音が・・・予期した通り、債権者は裏口に回って、裏口のドアを開けようとしていました。




そこで開かないことがわかると、今度はまた玄関ドアに回ってきて、ドアを激しく叩き、今度は廊下にあるトイレのドアを開けようとしています・・・。




あ、そこも先ほど、施錠しています。( ̄▽ ̄)




そのうち、お巡りさんが15~18人くらい来て、債権者を下に連れて行き、債権者を職務質問をしていました。



1人の債権者を取り囲むようにして、付近一帯の交番のお巡りさん全員来てくださったんじゃないかというくらいたくさんのお巡りさん。



ビルの窓から下を見ると、地上は物々しい異様な雰囲気でした。



お巡りさん達が職質している間に、別のお巡りさんが事務所に来てくださり、私たちは債権者に見えないように別の出入り口から帰宅しました。



以前、その債権者から「ナンバー○○の○○の車は誰の車だ?」と聞かれたことがあり、従業員用駐車場がバレていたので、しばらく駐車場に出入りする時は、ちょっとドキドキでした。




防犯用に、催涙スプレーが欲しいと思っていましたから、一時期。



しかし、その債権者、怖そうに思うかもしれませんが、悪い人ではないのです。ボスと上司が悪いから怒っているのであって、当然なのです。



その債権者・・・後に私がハワイに行っている間、ボスがしてきた悪事の中でもほんの小さな悪事が公けになってしまい、各種新聞に載ってしまったのですが、ボスを地獄の1丁目送りにした張本人は、なんとその人だったのです・・・(驚)



私がヒーラーになったきっかけ(3)に、この話は書いていますね。



ちなみに、ここでお話しているものは、まだ言えるレベルの超ライトな前菜程度のものです。
本当は皆さんにお話したいことはたくさんあるのですけど、もうね、あり得ないヤバい話(小説やドラマより衝撃的なこと)が多過ぎて・・・(笑)



またまた長くなってしまったので、Kちゃんの話は、後の日記で書きますね。



Kちゃんとの不思議な出会いのお話をしようと思ったのに、脇道に逸れまくってしまいました。ごめんなさいね、お話すると言っておいて、違うお話になってしまって(ノД`)・゜・。



せっかくなので、この勢いで、もう少し事務所時代のお話をしましょう。


現在、割引キャンペーン中です。詳しくは、当ホームページのトップページをご確認ください。


↑クリックしていただくと、ブログランキングが上がります。応援してくださる方は、1日1回どちらともクリックをお願いします( ̄▽ ̄)ノ

 

事実は小説よりも奇なり(2)ケツの穴のパーカーは今はヒーラー

今日は、普段あまりしない自分語りをしたいと思います(笑)


私はヒーラーをやって、普段、偉そうにのたまっているせいか、『THE 正しい人』とか『THE 立派な人』みたいに思われることも多いと思うのですが、私自身、そんなこと全くないんです。私の過去は、正しいどころか、ネタにできるほど『間違いや失敗』だらけです(笑)


はっきり申しますが、私は決して『聖人』ではありません。聖闘士星矢(セイントセイヤ)も昔、そんなに興味もなかったです。松田聖子ちゃんは好きですけどね。(ここは突っ込むところですよ 笑)


私は、『聖人』ではなく『変人』です(キッパリ)。多分、かなり変です。黒歴史てんこ盛りです。もうね、泥だらけっていうより、ドロドロです(笑)


ヒーラーとかスピリチュアルな職業の『イメージ』をぶっ壊すことになるかもしれませんが、皆さん、私を嫌いにならないでくらはい。


今日は、私の黒歴史の中でも、まだ人に語れるマシな方のものを少し語っていきたいと思います(笑)


私がまだうら若い学生だった頃、私は勉強そっちのけで、音楽と遊び三昧の日々を送っていました。


17歳の頃にアコギと出会い、

18歳に入った音楽サークルでバンドの楽しさを知り、スタジオでバンド練習をしたり、ライブをしまくって、遊んでました。



今の私では想像つかないかもしれないけど、 昔は、オーバーオールを着てフォークソングをアコギで弾き語りしてみたり、

ライブ前に焼酎をあおって、サングラスにダミ声で、ハードコアを歌ってみたり(当然、喉はガラガラ)、

ハードコアやメタルのライブで、全身アザだらけになりながら野郎共たちと暴れてみたり、

ライブで、モヒカン頭に、革パンを履いて、マリリン・マンソン(ハードロック&メタル)のギターをやってみたり、

暴れはっちゃくもビックリみたいな青春時代を謳歌していました。



マリリン・マンソンとかメタリカは好きで、よく聞いていましたねー。知ってます?マンソン。
今では、エンジェリックな曲とかクラシックピアノ曲が好きなのにね(笑)



そんな腐女子なもんだから、色気もなければモテるはずもなく、 蛇蠍を見るような周囲の視線が痛かった…。いや、







気持ち良かった(笑)





外国人が行くような、上野アメ横の日本土産店で買った 黒地に白字で『日●本』とやたら大きく書かれた、赤の日の丸マーク入りの

japan-tshirt1.jpg


羞恥心が欠落していないと着られないオサレなTシャツを着て、


金髪で短髪


という誰がどう見たって、


『歩く腐ったミカン』という出で立ちで図書館の受付嬢のバイトをしてた事もありました。




よくそんなんで、図書館の受付嬢として採用されたよな…と我ながら感心しますけど、

そんなTシャツを着てきた日に限って、

私のオサレTシャツとデザインが酷似している街宣車が街を賑わせながら、バイト先の前を何十台となく街宣パレードしていて、

仲間だと思われて声かけられたらどうしよう…って、バイトから帰るに帰れなかった日もありました(意外に気弱)。



図書館の職員には、

『学生は勉強する為にここに来てるんだから、 集中の妨げにならないように、刺激の強い派手な格好は控えてね。』

って注意されたこともありました(笑)



何が派手で何が地味なのか、判断能力が欠如していたあの頃(今も欠如しているけど)。

露出したり、

ヒョウ柄のパーカーを着たり、
HYO-JACKET1.jpg

ASSHOLE(ケツの穴という意)と書いてあるパーカーとか普通に着ていましたから。

いるだけで風紀紊乱。

前代未聞の図書館受付嬢でしたね(笑) そりゃ、服装を注意されるって(笑)




そんな私が、大学2年生の夏にイメチェンをしたんですよ。

おばさんパーマがかかってるセミロングの髪をストレートにして、お化粧をして、キャミソールにスカートにサンダル、

朝食はフレンチトーストを食べてます、みたいな女の子らしい格好で学校に行った日がありました。

すると、なんだかみんな優しくしてくれる。



物を落とせば拾ってくれるし、エレベーターでは閉めずに待っててくれる…

突然、周りの男性が優しく接してくれたんですよ。

ビックリしちゃってね、今まで基地外としては見られてても、女として見られてなかったですからね。

現金な世の中だなと思いましたよ。 私の中身は何にも変わってないのに、外見が変わるだけで周りの態度ってこうも変わるんだなーと。



そのうち、漸く私にも小指の先程の羞恥心が芽生え始めて、

好きな人にかわいいって思われたいと、乙女心を持ち合わせるようになり

いつしか素敵なレディになりたいと思うようになりました。


今はヒーラーやっていますが、昔は金髪短髪にケツの穴とか書かれたパーカーを着て、焼酎あおって、ライブで本気で暴れるとかいう、可憐な学生時代を過ごしていました(笑)


私の過去は、人様に声高らかにお伝えできないようなことばかりで、ネタはたくさんあるんですけど、そのうち、また時期が来たら、お話したいと思います(笑)


てへぺろ(笑)


現在、遠隔ヒーリングが、最大20%OFFのキャンペーン中です。こんな私とお話してみたいという、勇気のある方、ぜひ、お申込みくださいね(^^)/皆さまとお話できるのを、楽しみにしていまーす!

ランキングバナーもぜひ、押してみてね!クリックしたら、あなたのおうちにも、ハイセンスな「日○本」Tシャツが届くかもよ!?かもよ?え?いらないって?(笑)


↑クリックしていただくと、ブログランキングが上がります。応援してくださる方は、1日1回どちらともクリックをお願いします( ̄▽ ̄)ノ

 

私がヒーラーになったきっかけ(3)

神の愛を伝えるってどういう意味だろう?私は特定の宗教に属していないし、神様について何かを伝えられるほどの知識もない。そもそも神様の愛って何・・・?



私はその後、この言葉の意味を考えつつ、リハビリを続けながら仕事を続けていましたが、このままではいけないと強く思うようになりました。私は人生をちゃんと生きていない・・・。毎日死んだ状態で生きてる。



死ぬ前にやっておきたいことは何だろう・・・。思い切ってそれらを実行することにしました。
私が死ぬ前にやっておきたいことは一つだけではなく、それらを叶えるには日本を離れる必要がありました。
私は私の人生をcreateする。私が、私の人生を創造する。



毎日をただ無駄に塗り潰すのではなく、これからは私がずっとやりたかったことを学び、それを仕事にして、自由に人生を生きる。(前職の仕事自体は好きでしたが、もっとやりたいことがありました)



しかし、決意したはいいものの、それらを実行するにはこの非日常的なことが日常的に起こるファンタスティックな職場を辞めないといけませんでした。



私は、非日常的なことを日常的にしているアメイジングな上司達から、あることで濡れ衣を着せられる恐れがあって、とうの昔に我慢の限界に達していたのですが、私がずっと仕事を辞めなかった理由の一つに、退職を願い出たらどんなことを仕打ちを受けるかわからないという恐怖があったからです。



私は万が一濡れ衣を着せられた時のために、証拠を用意し(非日常的な退職の仕方)、どうにか円満退職ができますように、ガイド達にひたすらお願いをして、ご先祖のお墓参りに行ってお願いをして、亡親友にお願いして、ある日『もし、これで退職を願い出て激怒されて、いじめられることになったらもう仕事は行かなくていい。』と
自分に許可し、ボスに退職を告げると、あっさりと許してくれました。



この時は激怒されなかったことにびっくりしすぎて、思わず泣いてしまいましたが、当のボスは、
ボスの言葉に私が感動&長年勤めた職場を去る万感の極みで感涙と思っていたようでした。




そして、私はハワイに来ました。



私がハワイに来て1年後に、ボスがしていた悪事の中でも、ほんの小さな悪事が公になってしまい、ボスが各種新聞に載りましたけどね(小声)。
そんなファンタスティックな職場については、内容が内容なだけにあまり公に言えませんから、
どこかでこっそりひっそり書いていくか、そのうちフィクションとして本の中で語っていきたいと思います(笑)



脇道にだいぶ逸れましたが、私はメッセージをくれたガイドだけでなく、私はこれまで出会ってきた全ての人達と出来事のおかげで、自らの使命を思い出し、今ここにいます。それを思い出させてくれたのは支えてくれた人達だけでなく、私を傷つけた人達や出来事の影響も多くありました。



皆さんもきっと、人生の使命は何だろう?と思うこともあるかもしれませんが、
求めれば得られます。ふさわしい時期に必ずやってきます。



熱心に求めてください。受け身ではなく、積極的に。
ぜひ自ら思い出してください。自分で思い出した時の感動ったらありません。
ぜひ点と点が線で結ばれたときの何とも言えない感動を味わってください。




まずは、自分の人生を振り返ってみて、今いる地点から今まで辿ってきた道を思い返してみてください。
その時の選択、出来事、出会う人、全てに理由があります。
あなたに、あなたの課題をどうにか教えようとしてくれる人が必ずいます。




あなたがワクワクすること、もっと知りたい、向上したいと思うこと、それは何でしょうか。
あなたの魂が無条件で喜ぶことの中に、人生の使命があります。




バシャールはこう言います。


『ワクワクする気持ちとは、「自分の選んだ道をちゃんと進んでいるかどうか」。それを教えてくれる肉体を通して翻訳されて伝わる言葉、メッセージです。』


『つまり、ワクワクする気持ち、情熱の波動、平和で穏やかな感覚こそ、本来のあなた自身の波動であり、「魂の青写真」の波動。そして、「大いなるすべて」と調和のとれているあなた固有の波動です。』


魂が喜ぶこと、ワクワクすることをしましょう。
人生の目的を思い出し、人生を思い切りエンジョイしながら役割を果たすことができますように・・・


Keiko


↑クリックしていただくと、ブログランキングが上がります。応援してくださる方は、1日1回どちらともクリックをお願いします( ̄▽ ̄)ノ

 

私がヒーラーになったきっかけ(2)

そこのバーでは、週に一度、当日飛び入り参加形式の自由なパフォーマンスステージをやっていて、その日も、私の友人達がステージでギターの弾き語りをしていたのです。


私はバーカウンターに座り、ステージの方を見るでもなく、演奏を聞くでもなく、ただぼーっとカウンターの奥の方を向き、アイスコーヒーをすすっていました。


ステージの方を見る気力も、演奏を聞く気力もありませんでした。
演奏も歌声も、ただの「音」に聞こえるだけ。何の感動も、何の関心もありません。



私の好きなミュージシャンの番になっても、彼が私のお気に入りの曲を声高らかに歌っていても、
依然として私の耳はそれをただの「音」として感知し、私は姿勢を変えることもなく
相変わらずバーの置物と化していました。



どれくらい経ったかわかりません。
その時は突然前触れもなくやってきました。



不意に、歌声と演奏がバーーーーーン!と私の耳に飛び込んできて、一瞬にして聞かざるを得ない状態になりました。いや、正確には聞かずにはいられない状態になりました。



その歌声は私の閉じていた耳を一瞬にして撃ち抜いて、これでもかこれでもかと私の魂を揺り動かして、
後から後から涙を溢れさせました。もう嗚咽ったらありません。



私はステージを見ることもなく、拭っても拭っても溢れ出てくる涙でぐしゃぐしゃになった顔をハンカチで覆いました。それでも歌声はとめどなく私に降りかかってきます。
感動なのか、悲しみなのか、はたまた両方なのか。もう何がなんだかわかりません。




そして、突如として聞こえてきたのです。



『伝えなさい』


『伝えなさい』


『伝えなさい』




何度も何度も。『伝えなさい』という言葉が頭の中全体に響き渡りました。
男性の声とも女性の声ともわからない、けれど優しく芯のある落ち着いた声。
私は顔を覆い嗚咽しながら、その声に向かって心の中で叫びました。



『伝えるって何をですか!?私はどうしたらしたらいいの!!!!!』





すると、



『神の愛を伝えなさい』と返ってきました。




『神の愛?神の愛を伝えるって私は何をすればいいの?』もう一度尋ねましたが、結局、これに対する答えは返ってこず、私は嗚咽から目を覚まし、聞こえてきた言葉を反芻していました。


《続く》


Keiko


↑クリックしていただくと、ブログランキングが上がります。応援してくださる方は、1日1回どちらともクリックをお願いします( ̄▽ ̄)ノ

 

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

Keiko

Author:Keiko
ハワイでヒーリングの修行をし、ハワイでスピリチュアルヒーラーとして活動してきましたKeikoでございます♪2013年に帰国し、現在、日本で活動しております。

人生の慢性的な悩みは、過去や前世から持ち越してきたトラウマ(ブロック)が原因となっている場合がほとんどです。

当ヒーリングによって、ブロックが浄化されオーラ全体に統合されることで、これまで悩みに費やしてきたエネルギーを効率的に、本来の人生の為に使えるようになるので、人生がうまくいくようになり、悩みが悩みでなくなり人生が劇的に楽になり、幸せを感じられるようになります。

人生を好転させたい方、幸せになりたい方、自分を好きになりたい方は、ぜひご連絡くださいね

本当に効果があるの?
≪当ヒーリングで人生が好転する理由≫

ヒーリングって誰から受けても同じ?
≪一般的なヒーリングとの違い≫

セッションメニューはこちら⇒

よくあるご質問はこちら⇒


スピリチュアルヒーリングいるか道ホームページ

カテゴリ

未分類 (44)
●最新のご予約可能日● (1)
★私の自己紹介 (1)
★ヒーリングの好転反応 (1)
☆過去世を思い出す (4)
☆霊体験 (10)
★ヒーラーの選び方・効果的なヒーリングの受け方 (3)
☆悪霊を退散した日~リアルエクソシスト (6)
☆ガイドからのメッセージ (26)
☆ヒーリングについて (35)
☆スピリチュアルな話 (64)
☆サイキックな話 (7)
☆天国からの手紙 (8)
☆パワーストーンとパワースポット (16)
■ヒーリングクラスの感想■ (5)
■リーディングの感想■ (4)
■ヒーリングの感想■ (22)
◎幸せになる方法 (73)
◎自分を愛する方法 (10)
☆エッセイ (2)
◇事実は小説より奇なり(私の話) (7)
◇コトバのサプリメント (13)

最新記事

月齢カレンダー

CURRENT MOON

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

    FC2Ad

    Template by たけやん